うたのこころとありがとうの日々 〇ArisA●


by arinco_arisa

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
daily
live info
歌詞

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧

近況

a0136943_15385238.jpg

a0136943_15385349.jpg

毎日がものすごい速度でめまぐるしく、後悔する暇も後ろふりかえる暇もないくらいずんずん進んでいます。

一個成長したな!と思ったのは過ぎ去ったことにたいして後悔することがまったくなくなった。ということ。暇がない。というのも理由のひとつだろうけれど、後悔をし続けながら生きるって、ものすごい損なことだと、本能レベルで理解したらしい私の身体。


最近は、もっぱらリハーサル三昧です。
8月17日、18日のライブに向けて。
jessicaという女の人と。
彼女は10代からシンガーとして活動し、今はパートナーとNGATARI[ガタリ]というユニットで活動しています。
友人の紹介でライブに行った私は、彼女の身体から捻り出されたように、とても強く、そして生命力を感じるのにどこか儚い歌に、曲の和声が余りにツボだったことに、嬉しくなってしまい、その日は名刺を渡しただけだったのに、彼女の方から私の歌に興味を持ってくれ、後日会い、代々木公園でワイン片手にセッションし、意気投合し、一緒にやることになりました。


彼女の歌に対する姿勢は、潔い。
楽譜にひたすら向き合い、何百回も歌う。
そこから自由を見出だす。と。
当たり前のことを、当たり前にやることで。


今回私は、彼女とアカペラで歌う曲を2声用に書き直しました。芯という曲です。
しかし、この曲はアカペラでしかもハモりとなると、本当に難しいのです。絶対音感が無いと、あっても只単に音を歌いこなされても困る、という曲です。しかし、私は彼女に歌ってもらいたくて、敢えて挑戦しました。
そして彼女も相当苦戦しながらそれに応えてくれました。
自由な歌い手が、自由に、しかしお互いの間を感じ合わないと成立しない曲をやります。
ハーモニーは関係性ですから、二人で成立してればいいのです。
そしてそれをどこまで、二人の歌う身体は伝えられるか、ということ。

どことなく人間的な性質が似ているのに、全然違う二人の体格、肌の色、髪型、背丈、歌うときの表情というコントラストもまたいびつで、今回衣装の三千代さんも衣装制作家としてある意味集大を成す作品にしたいと言ってくれ、この日記で私の本当に意図していることはお伝えできないけれど、エネルギーがものすごくまっすぐ向かっている心地よさの中でやっています。
どうかうまくいきますように。


そしてこのイベントは私たちだけでなく、主催の太田翔子さんは新作披露するし、石本かえさんは、舞踏家としてのソロ作品披露するし、イラストレーター内三名は、私の高校時代からの先輩方だし、その他も、初めてお会いするけれど、みんな凄く素敵な女性たちです!

是非是非お越しくださいー!!
っって宣伝になっちゃった。(笑)ご連絡いただけたらチケットお取りします。

TOKYOFIGURE
「都市」「身体」「女性」

dance&music live performance


@絵空箱
東京都新宿区山吹町3-6-1 誠志堂ビル1F

有楽町線「江戸川橋」駅徒歩2分
東西線 「神楽坂」駅徒歩9分 8月

17日(水)
開演20:00?

8月18日(木)
15:00一般開放ギ ャラリ ー (入場無料)
開演19:00?

料金/
前売り2300円
当日2500円( 共に1 ドリンク込み )

http://esorabako.com/

Dance artユニットUNFUGURE 代表太田翔子さん主催のイベント。
ダンサー、イラストレーター、舞踏家、映像作家、そしてミュージシャンの女性たちが、テーマをもとに熱く表現します。




ありんこの別の顔、既成曲シンガーも、地道にちょいちょい進歩しています。
8月は友達の結婚式で歌います。
[PR]
by arinco_arisa | 2011-07-31 15:38 | daily