うたのこころとありがとうの日々 〇ArisA●


by arinco_arisa

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
daily
live info
歌詞

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧

小さくて丸いもの

a0136943_22561365.jpg

a0136943_2257639.jpg

a0136943_323215.jpg



繭をつくる虫は蚕だけじゃなくて、実はたくさんあって、虫が食べるものによっては、金色になったり緑色になったりするらしくて、そういう繭から紡がれた布の存在を知り、とてもわくわくした。黒い綺麗な目をした女の人に教えてもらった。
いつか触れてみたいと思う。

秋に手伝いに行った畑の収穫がとりあえず一段落したみたいで、よかったよかった。
今日は収穫の終わりを告げる満月だそう。うん。とても、きれいだ。あおい虹の輪。


11月は練習の月と決めていたので、家や公園に一日いる日も多かった。
五曲、新しい曲つくった。
引き出しから使われてなかったものを引っ張り出してくるような作業の曲もあった。
「ニュクスの糸」「東京湾」「ふりかえれば花」あとふたつはタイトルが決まらない。
21日と、12月1日にライブで歌えると思う。やっと形になった。



ひとりが好きだけど、ひとりは寂しい。
卑屈になる自分にそろそろ別れを告げて、たまには楽しく過ごすことも学ぼう。



情報に目を向けると、信じられない不条理なことが起きている。
目を背けるわけにはいかない。

根本から自分を見つめ直そうとして少なくとも数年はそれに時間を費やして苦虫を噛む思いで、何度も泣いて過ごしてた私はただの能天気馬鹿なのではなかろうかと思ってしまうくらいに想像を越えてさくさくと道理を切り裂くことがどんどん露呈している。
と、思い詰めることもしばし、それでも私は私なりに呼吸をするよ。




人の体も、水なのだ。
深い体験(感情的には苦しいことかもしれない)は、水を輝かせて美しい結晶にするから。
水だから、波紋のように伝播する。

友達は、みんなそうなってると思った。素敵なことだ。

そっと、嬉しい。


イベントをやります。

「イト~ひととひととの音つむぎ~」

11月21日(木)
open 19:00
start 19:30

1500円(+2drink )
場所
下北沢Cafe kick


出演
ツダユキコ
佐藤公哉
ArisA

ひそかに話題になっている、声と鍵盤ハーモニカの倍音集団「つむぎね」で出逢った三人の、ひとり、ふたり、時にはさんにんで、イトを織りなす夜。

ユキコさんは現在伊勢に住んでいて、農的暮らしをしています。大地の母のような、唄と声です。
佐藤公哉君はヴィオラ、バイオリンと唄との演奏です。



・・・・・・・・・・・
「星屑採集」
a0136943_2338950.jpg





街のはずれの小さな小屋にて。

休日の午後、日もそろそろ沈み、ぽつりぽつりと浮かぶ星屑を拾いながら、幾つかの記憶に思いを馳せて歩くと、いつの間にか辿り着く。

まだ知らない、だけどどこか懐かしい
夢と現の隙間の風景。



12月1日(日)

Open17:00
Start18:00

2800円(お飲物と星屑クッキー付き)

出演
Mujika easel
藤田陽介(自作パイプオルガン)
Lupe∝

場所
gellery septima


〒190-0004
東京都立川市柏町3-8-2
(多摩都市モノレール砂川七番駅下車、徒歩3分)

出演者プロフィール

Mujika Easel(ムジカ・イーゼル)
2002年頃より活動開始。大阪在住。主にピアノと声を用いたスタイルで、ソロアルバム作品『Love and Realism』(2006年)、『海辺より』(2010年)を発表。クラシカル、音響、即興性を持つサウンドと独自の声の佇まいは、時代、年代を問わず心に響く音楽を届ける。その歌声は儚くも力強く、美しき問いかけのような響きをたずさえて存在する。



藤田陽介|音楽家

広島県尾道市生まれ、香川県出身、神奈川県在住。鳥を師匠とする。
2009年、空想を具現化した完全自作のパイプオルガンを製作。自作楽器「11's Moon Organ」(和名/管鳴-くだなり-)である。ふいごからパイプまで全てを一人で作り上げたそのオルガンは、その構造や演奏方法の全てが特異であり、鍵盤すら持たない。この世に一台限り実在する空想楽器である。

後年、この楽器と連動する新たなシステムとして、世界で最初のノイズ作曲家と言われる未来派・ルイジ・ルッソロの考案した騒音楽器「イントナルモーリ」を復元。また同時に声・歌の使い手であり、ホーメイや動物の声帯模写、シャーマンの歌唱法などを取り込み、独自の歌も展開している。感覚器官に直接訴えかけるような声と、建築的な自作楽器によるパフォーマンス風景が強烈な印象を残し話題を呼んでいる。

近年では、巻上公一(ヒカシュー)や山川冬樹、Open Reel Ensembleなどとの共作によるパフォーマンス公演をはじめ、ダンサーや映像作家との共演、展示活動やライブ企画など、その活動はアートシーン全域に及ぶ。
[PR]
by arinco_arisa | 2013-11-18 22:52